生え際 後退 育毛剤

生え際の後退の予防改善に効果的な育毛剤

生え際の後退は、男性ホルモンのテストステロンが2型5αリダクターゼの影響で変質することが原因です。これは、2型5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシエキスが配合された育毛剤の使用によって、予防改善が可能となります。

 

しかもノコギリヤシエキスは1型の働きも阻害するので、これにより側頭部や後頭部の薄毛も防がれやすくなります。

 

 

生え際が後退する理由

年をとるにつれて、男性の額では、髪の生え際が後退しやすくなります。これは男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼの影響で、ジヒドロテストステロンに変質するからです。テストステロンは、男性としての成熟を促すホルモンです。

 

そのためこれがしっかりと働いている男性の体では、体毛が生えて雄々しくなっていきます。またテストステロンは、新しい元気な体毛を増やすために、古くなった体毛を除去する働きもします。ところがジヒドロテストステロンになると、除去するという後者の働きにばかり力を入れるようになります。

 

そのため、加齢により5αリダクターゼの影響を多く受けるようになった男性は、生え際が後退しやすくなるのです。

 

 

5αリダクターゼの働きを阻害

したがって生え際の後退を食い止めるためには、テストステロンを5αリダクターゼから守ることが肝心と言えます。そして現在では、その効果が期待できる育毛剤が多く販売されるようになっています。特に効果的とされているのは、ノコギリヤシエキスが配合された育毛剤です。

 

ノコギリヤシエキスには、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。そのためこの育毛剤を使っていれば、ジヒドロテストステロンは増えにくくなります。テストステロンが本来の働きを続けることができるわけですから、生え際の後退が防がれやすくなる上に、新しい髪も成長しやすくなるのです。

 

 

2型の5αリダクターゼにも有効

5αリダクターゼには、1型と2型とがあります。このうち2型は、生え際や頭頂部の髪に特に悪影響を与えます。一方1型は、側頭部や後頭部に悪影響を与えやすいとされています。そしてこれらを比較すると、2型の方が強力です。その分生え際は後退しやすいですし、いったん後退すれば改善が困難とされているのです。

 

ところがノコギリヤシエキスは、この強力な2型5αリダクターゼの働きを抑えることができます。そのためノコギリヤシエキスが配合されている育毛剤は、生え際後退の予防および改善に特に効果的とされているわけです。さらに1型5αリダクターゼの働きをも抑えるので、生え際に加えて側頭部や後頭部の薄毛も、防がれやすくなります。

 

また育毛剤の中には、ノコギリヤシエキスの他にも保湿効果のある海藻エキスや、血行促進作用のあるオタネニンジンエキスやセンブリエキスを配合しているものもあります。これらのエキスがお互いをサポートしあえば、育毛効果は一層出やすくなると言えます。