生え際 発毛 育毛剤

生え際が後退し育毛剤で発毛を決意

父親も薄毛だったので仕方がないと諦めていた30代中年男性が、娘からの言葉で発毛を決意して育毛の日々となる過程です。育毛は実感するには、時間が必要で数か月は最低かかります。

 

そして、同時に運動や食事制限などもすると、より早く効果を実感できるようになるでしょう。見事に復活して髪が生え始めて生え際がフサフサになると、気分も爽快なのです。

 

 

薄毛で良いと納得していたが、一転して発毛を誓う

30代前半から薄毛になってきました。鏡を見ても髪型は決まらず、シャンプーすると排水溝には抜け毛の山です。しかし、若い時に結婚したので自分の外見をあまり気にしなくなっていたのです。妻の指摘もなく、また私の父親も禿げていたので、それが遺伝だとどこかで自分を肯定させていたのでしょう。

 

当時の仕事は工場勤務で、普段は帽子をかぶっています。これも、薄毛を気にさせない要因の一つとなっていました。しかし、一人娘が小学校に入学する頃から、少し状況が変わってきます。元々アイドルなどが好きな娘だったので、男性を意識するのが早かったのでしょう。

 

また、ドラマなどのイケメンや渋い中年俳優と比較すると、私はどうしても、その辺りの中年おっちゃんです。そんなある日、娘が妻と、私の薄毛について話しているのを盗み聞きしてしまったのです。内容はバカにしている事でなくホッとしたのですが、それよりも心配や病気なのでは、というものでした。ませていても、まだ子供なので、余計な心配を与えていたのでしょう。

 

そこで私は、今まで諦めていて自然の流れで良いとしていた自分の薄毛頭を克服する事を誓ったのです。その為には、何と言っても第一印象を決めつける、この後退した額の生え際をなんとかする必要がありました。当然、それには育毛剤を塗布して発毛を願うしかありません。

 

 

発毛効果が出るとこれほど気持ちよい事はない

発毛を心掛けるようになると、生活スタイルも一変します。だって、発毛の勉強しなくても、運動や食事に気を付ける方が効果があると、誰でも分かりますよね。昔の自分なら、適当に育毛剤を塗布するだけで終わったでしょうが、今の私は違います。何と言っても、可愛い一人娘に本当はカッコ良いと思わせたいではないですか。

 

育毛剤を付けても、最初はまったく効果はありませんでした。否、それは見た目の効果という意味です。髪の毛は伸びるのに数か月はかかります。これは頭皮も同じ事で、生え際の地肌が健康的になるには数か月や半年ほどかかるのです。

 

これが我慢できないと、せっかちな人は育毛剤を塗布して一週間ぐらいで効果が出ないと、ダメだと諦めてしまうのです。その点、私は性格的におっとりマイペースですし、娘に対する決意も違うので、まったく気になりません。のんびりと、毎日育毛剤を生え際に塗布して、お酒を控えて食事も肉を減らして、魚や野菜中心。

 

休日などは娘とジョギングなどをする生活を半年ほど送ったら、見違えるように額の生え際がフサフサ状態になったのです。その兆候は、3か月ほどで現れました。抜け毛が減りはじめ、あれほどセットが決まらなった髪型もボリュームアップしたのでしょう。面白いように決まるようになったのです。

 

今では娘と海水浴や遊園地に行っても、まったく平気になりました。体重も減少して痩せてスリムになり、何と言っても髪型は薄毛とは誰も思わないでしょう。一度禿げ始めると、中年男性ほど諦めがちですが、実はやる気さえあれば、回復する可能性があるのです。それを分かって下さい。