ミノキシジル 育毛剤 生え際

ミノキシジル配合の育毛剤や発毛剤は生え際の効果は弱い

日本で、発毛効果が認められている成分は、ミノキシジルと、フィナステリドという成分で、それぞれ違う働きをしながら、発毛を促すというものです。

 

ミノキシジルは、血管を拡張して、血行を良くし、発毛効果を出すというもので、フィナステリドは、男性ホルモンを抑制して、原因物質の働きを抑えて、本来の髪の成長の速度に戻すというものです。しかし、発毛効果があるゆえの、副作用もあるのです。

 

 

ミノキシジルの特性と副作用とは?

ミノキシジルは、もともと毛生え薬ではなく、血管を拡張する薬として開発され、使うことにより体毛が濃くなったので、発毛効果があるのでは?ということで開発されたものです。ミノキシジル配合の発毛剤は、薬局でも簡単に手に入るので、手軽に使えるのはとてもよいところだと思います。

 

手軽に手に入りますが、もちろん副作用もいくつか確認されています。報告が多い順に言うと、かゆみ、湿疹と、方 報告数としては全て1件ほどですが、心不全、アナキラフィシー反応、突発性難聴、肝臓の数値異常ということもまれにあります。

 

一般的に販売されているという事で、値段も6000?7000円ほどで購入でき、価格としても、出せる範囲の金額で、内容としても安心して使えるのですが、100%大丈夫と言うことはないので、心配な方は慎重に考えて使いましょう。

 

 

フィナステリドの特性と副作用は?

元々は、前立腺がんや前立腺肥大の人のために作られた薬で、ミノキシジルと同じく、発毛効果を求めて作られたものではありません。また、この薬を飲んでいるときに、体毛が濃くなったのも、ミノキシジルと同じ副作用があった為、発毛効果も調べたところ、できたものです。

 

ミノキシジル配合の発毛剤は薬局で買えるのに比べ、フィナステリドは、医師の診断がないと処方してもらえず、費用としても、月一、診察代も含め10000円ほどかかるので、費用的にもかさみます。また、副作用としては、男性ホルモンを抑制して、前立腺に働きかける為、性欲減退、勃起不全などがあり、男性の機能が低下してしまいます。

 

二つとも、発毛効果はありますが、残念ながら生え際の効果は薄く、トップの薄毛に有効と言うことです。

 

 

まとめ

まだまだこれからと言う人が、女の子にモテたい一心でフィナステリドを使ったとしても、いざという時にあそこが言うこと聞かないでは話になりません。しかし、ミノキシジルの場合は、血管を拡張し、血流を促すことによる発毛効果が期待できると言うことなので、フィナステリドのような勃起不全は起こらず、男性としてもプライドを保ちながら発毛を楽しめると言うことになります。

 

総合的にみた結果、それぞれの副作用、特性を考えて判断すると、やはりミノキシジル配合の発毛剤の方が、安心に使えるのではないか?と言う結果になります。しかし、これからもっと優れた発毛剤を開発する為、臨床を重ねているところも多いと思います。

 

これからの、毛生え薬の将来が良い方向に向かうことを祈って、1日でも早く良い毛生え薬が出てきてもらいたいと思います。