おでこ 生え際 育毛剤

生え際が薄くなっておでこが広い人におすすめ育毛剤

おでこが広くなったかも、髪の生え際が薄いかも、こんな悩みがありませんか。生え際が薄くなってくるのには原因があります。

 

まずはその原因を改善することが大切ですが、それでも薄毛が改善しないようなら、育毛剤の力を頼るのもよいでしょう。では、どのような育毛剤を選んだらよいのでしょうか。

 

 

薄毛の原因

髪の生え際から薄くなりおでこが広くなる原因にはいくつかあります。男性に多い原因がAGAです。AGAは額の生え際または頭頂部のどちらか一方、または双方から髪が薄くなってきます。

 

AGAの原因はDHTといわれています。AGAの髪が薄くなっている部位から、高濃度でDHTが見つかっているのです。5αリダクターゼという物質によって、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変換されます。DHTはヘアサイクルを乱します。髪が長く太くなる前に抜けてしまうようになり、全体的に髪が薄くなります。

 

偏った食事や不規則な生活は男性ホルモンの分泌を増やします。女性の場合も生活習慣が乱れていると女性ホルモンの分泌が乱れて、薄毛の原因になります。

 

また、髪の生え際はシャンプーやリンスのすすぎ残しをしやすいことも生え際が薄くなる原因です。すすぎ残しをした成分が、頭皮にダメージを与えたり毛穴つまりを引き起こし、髪が抜けやすい状態になります。

 

 

男性ホルモンを抑制

AGAで悩む方には、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤がおすすめです。このタイプの育毛剤は、テストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼの働きを阻害して、DHTを抑制します。ミノキシジルは血行を促進して発毛を促す成分で、AGAへの働きが期待できます。

 

国内で販売されている育毛剤では、リアップにミノキシジルが配合されています。ミノキシジルは、かゆみやかぶれなどの副作用が報告されています。異常がでたら使用を中止してください。フィナステリやデュタステリドを配合した内服薬もAGAに効果的だといわれています。しかし、フィナステリとデュステリドは医師の処方がなければ手に入りません。

 

 

血行を促進

髪の生え際は頭頂部に比べて毛細血管が少なく、血流が少ないため十分な酸素や栄養が行きわたりにくくなっています。髪の成長を促すには、酸素や栄養が必要です。この場合は、血行を促進するタイプの育毛剤がおすすめです。

 

血流をよくすることで酸素と栄養素が行きわたり、髪の成長が促されることが期待できます。センブリエキス、ピディオキシジル 、セファランチン といった成分に血行をよくする働きがあります。

 

血行をよくするために、マッサージをすることもおすすめです。育毛剤をなじませるときにマッサージをするとよいでしょう。マッサージをする際には、頭皮を強くこすらないように気をつけてください。強い力でゴシゴシこすると、頭皮が傷ついて髪が抜けやすくなったり、髪の成長に影響を与えます。