育毛剤 生え際

育毛剤で気になる生え際を早期対策

最近おでこが広がっているように思われる…、生え際の髪の毛が少なくなっているようだ…という場合、薄毛や脱毛が進行しているのかもしれません。生え際の育毛には原因を知って、効果的な育毛剤などを用いて早期に対処することが推奨されています。

 

そこで、生え際の育毛という点から、生え際の後退の原因やその対策方法などについてご紹介したいと思います。

 

 

生え際の後退について

最近おでこが広がって、髪の毛も薄くなってきたという場合、AGAかもしれません。AGAとは男性型脱毛症のことで、生え際が後退したり、頭頂部の毛が薄くなったりしていく進行型の脱毛で、日本人の男性に多く見られるといわれている疾患なんです。

 

最近では10代の若者から発症するケースも増えているそうですが、AGAは30代くらいから発症するケースが最も多いといわれています。その原因はまだはっきりとわかっていないのですが、遺伝や男性ホルモンなどの影響が大きいといわれているんです。

 

最近生え際が気になるという場合、何もしないで放置しておくとやがてどんどんと進行していきます。AGAによる生え際の後退は育毛剤などによって対策を行うことができるんです。放置すると徐々に進行していってしまう生え際の脱毛は、幸い、額の生え際ということもあって、鏡に顔を映したときに目に付きやすいという特徴があります。

 

そのため、後退が始まった時も比較的気付きやすいため、早期に対処を始めやすいという点があります。

 

 

生え際の後退の原因

ではどうして生え際の髪の毛が薄くなってしまうのでしょうか?その原因についてご紹介してみたいとおみます。髪の毛は本来は自然に抜けても生え変わるようになっています。その生え変わりは成長期→退行期→休止期→毛周期という一連のヘアサイクルを繰り返して新しく生え替わっているのです。

 

しかいs、AGAになると男性ホルモンの影響により毛の成長期というプロセスが短くなってしまうのです。そのため、髪の毛が十分成長することができず、産毛のように細く短くなっていってしまうのです。そうなると全体的に生え際にボリュームが少なくなったようになってしまうのです。

 

そして、髪の毛がこのような状態になっている時にはDHTという物質が高濃度にみられるといわれています。DHTは男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵素という名前の物質に変換されたもので、DHTは毛周期の成長サイクルを短くしてしまうという働きがあると考えられているんです。

 

そのため、髪の毛が十分に成長する前に次の退行期に移ってしまい、その結果、細くて弱い毛が増えるんです。つまり、生え際に今までより産毛が増えたと感じたり、髪質の変化を感じたりした場合には髪の毛が十分成長していないということが言えるのです。

 

つまり、男性ホルモンが原因となって、発毛や育毛の働きが阻害されているということなんです。この時に頭皮の状態を調べてみると、おでこの周りにあるといわれる帽状腱膜というところが生活のストレスや重力などで引っ張られたような状態になっていて、頭皮自体が弾力性が少なくなって固くなっているという状態になっているといわれます。

 

頭皮の弾力性が少なくなって硬くなるのは十分な酸素が血液で運ばれにくくなり、いわゆる酸欠状態になってしまって、頭皮の細胞に栄養が十分届けられなくなっているということといえます。それも薄毛の原因になっていると考えられているのです。

 

 

生え際の後退を改善するには育毛剤の使用がおすすめ

生え際の後退してしまうような薄毛になってしまうとなると何とか改善をして神を元気にしたいのではないでしょうか。生え際が後退しているという場合、できるだけ早く対策をとることが重要になります。そんな時に育毛剤を使うことで生え際の薄毛や脱毛を改善したり予防したりしてくれるといわれているのです。

 

育毛や増毛効果が期待できる育毛剤を効果的に称することで、栄養成分を毛乳頭までしっかり浸透させて届けてくれます。そのため、とても頼もしいといえます。現在、育毛剤には様々な種類のものがあって、頭皮の炎症を抑えて、頭皮の血行を改善させるタイプの育毛剤や男性ホルモンの促進を抑えてくれる育毛剤などが販売されています。

 

気になる症状に合わせて選ぶことができるようになっていますので、自分に合った育毛剤を選びましょう。香料や防腐剤などの添加物が配合されていないものがおすすめです。このような育毛剤はリーズナブルな価格のものから高価なものまで幅広い価格帯のものがあります。1本あたりの価格は大体4,000円くらいから10,000円くらいが相場といわれています。

 

効果が表れ始めるのを確認するために、3ヶ月くらいの期間使用するような製品が多いため、よく選んで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。購入する際には育毛剤にかかれている説明をしっかり読んで、使用方法などをしっかりとふまえ、用法や用量を守って使いましょう。

 

 

生え際の後退を改善するためには、育毛剤だけでなく生活習慣改善も大切

生え際の後退を改善するためには育毛剤も重要といえますが、生活習慣の改善も重要なポイントです。ある調査によると、喫煙をしていると生え際が薄毛になりやすくなるリスクも高くなるということが分かったそうです。タバコのニコチンによって体全体の血流が悪くなるということが原因で、当然髪の毛に栄養を運ぶ血液の流れも悪くなってしまうのです。

 

そのため、髪の毛に十分に酸素や栄養が届かず、髪の毛の元気がなくなるのです。また、タバコを吸っていると血液自体も汚れてしまうと考えられ、その結果、抜け毛が促進されてしまうのです。まず、喫煙習慣があるという場合、生え際の薄毛を改善するという意味でも、禁煙をするということは必要といえます。

 

また、睡眠不足になると薄毛の進行を促進してしまうといわれています。その理由は、成長ホルモンの分泌が少なくなって、元気な髪の毛を作ることができなくなってしまうからなのです。そのため、質の良い睡眠を確保することも改善のポイントです。

 

成長ホルモンの分泌は夜10時から午前2時までの間に高まるといわれています。そのため、その時間に寝ておくことが大切です。食事の栄養バランスが悪いと髪にいい栄養が届けられませんので、食生活も大切です。また、ストレスも薄毛や脱毛の原因になってしまうといわれていますので、仕事や人間関係などでストレスを溜めないように、ストレスを上手に解消しましょう。

 

 

生え際の育毛におすすめの育毛剤、チャップアップ

生え際の脱毛や薄毛は多くの男性の悩みにもなっています。しかし、生え際の症状は男性型脱毛症の中では比較的改善されやすいともいわれ、逆に進行が早いのですが、早期発見によって早期育毛対策をとることができるという場所でもあるのです。

 

そんな生え際の症状におすすめなのが発毛促進効果が期待できるといわれるチャップアップです。チャップアップは頭皮全体に必要な栄養を与えるための血流改善を通して頭皮の環境を整えるという効果がある育毛剤です。

 

しかし、2chや知恵袋をみるとチャップアップは効果ないという書き込みを目にするすることがあるのですが、それにはしっかりとした理由があるんです。効果がない一番の原因は、途中で使用するのをやめてしまっている場合がほとんどでした。

 

チャップアップを用いて毎日頭皮ケアを行うことで、血行不良と栄養不足という2つの課題に対して頭皮環境を改善することによって育毛効果を期待することができるのです。頭皮の硬化や皮脂の過剰分泌、毛穴の詰まりなどの状態を改善する成分が効果的に配合されていて、血流改善によって発毛促進効果や育毛効果に導いてくれるという育毛剤なのです。